サラ金返済 不能

サラ金返済不能になっても大丈夫!借金問題を解決する方法

サラ金返済不能になっても大丈夫です。

 

借金問題は必ず解決します。

 

誰にでも過ちはあることです。その一度の過ちで自分を責めて、人生を棒に振ってしまうことなんて絶対にダメ!

 

サラ金返済不能になってしまった場合でも、国民は法律によって守られています。法律を利用して、更生への道が用意されているわけです。

 

サラ金が返済できなくなってしまった場合、多くの人は自己破産しかないと考えていますが、自己破産以外にも任意整理や、個人再生といった方法があります。

 

そしてたいていの場合は、自己破産しなくても他の方法で借金問題を解決できるのです。

 

 

サラ金返済 不能

 

長い間サラ金の返済をしていた方なら、過払い金が発生している場合があります。その場合は、過払い金請求をすることによってお金が返ってきます。それをサラ金の返済に充てることもできますし、場合によっては全額返済したのち手元にお金が残ることもあります。

 

こういうことを知らずに、人生を棒に振ってしまう方がいるのは本当に悲しいことです。

 

過払い金がなくても、法律によって借金を減額してもらうこともできます。

 

街角法律相談所というサイトを利用すれば、あなたの借金がどのくらい減額できるのかわかります。自分で計算するのはほぼ無理なのでこういったサイトを利用して、あなたの借金がどのくらい減るのか確認してみましょう。

 

またこのサイトにはあなたの状況にぴったりあった弁護士さんを紹介してくれるサービスもあります。もちろん相談は無料でできますし、匿名で相談ができます。

 

サラ金の返済が不能になってしまった場合に、あなただけで悩んでいても解決することはまずないでしょう。

 

一刻も早く弁護士に相談して、最良の方法を考えてもらうのが解決への一番の近道だと思いますよ。

 

 

サラ金返済 不能 解決

 

 

 

サラ金多重からの返済はほぼ不能

 

一番多い時でサラ金だけで5件、約320万程になった事があります。返済時は当然会社の給料日に合わせてますので給料もらったその日に返済めぐりが始まります。

 

今でこそコンビニ等で返済出来る様になってますが、その当時は専用ATMに行かないと返せないので5件ATMに行くだけでも一苦労、給料もらってすぐ払っとかないと忘れた時には大変な事になるので(その当時は大手サラ金でも1日返済が遅れるだけでも1日に払うまで何回も電話があってました)給料日から大忙しという感じでした。

 

勿論借りたのは本人ですし借りたものは遅れず返していくのが当たり前ですが、給料日初日から残ったのはごくわずか状態で足りない分を家族に借りたり友人に借りたりして今思えば周りの人達に迷惑かけたなと思います。私が借りていた時代はサラ金業者が闇金街金も含めると数多くあり、何度か正直闇金に手を出そうかとも考えました。

 

 

サラ金返済 不能

 

家には内緒で借りていたので返済が遅れて家に電話があり借金がバレてしまうのが最大の心配事だったので借金額を減らすというよりとにかく遅れずに払う事だけを重要視してた覚えがあります。結局はサラ金返済不能に陥り、知人の弁護士に相談して任意整理をして数年間払っていきましたが、相談して任意整理がひと段落した頃重い病気を患い入院する羽目になった事を思うとやはりかなりのストレスを抱えていたんだろうと思います。実際多重の頃はサラ金返済の事しか頭になかったですから。

 

 

サラ金返済のときに苦労したこと

借金返済のときにとても苦労したことは、いままでの普通の生活リズムを強制的に変化させなければならなかったことです。

 

時間が空けばとにかく買い物に出かけるくらい買い物が好きだったので、ほぼ毎日何かを買っていました。
それが生活習慣の一部になっていたので、とても自然なことになっていました。

 

 

サラ金返済 苦労

 

それと同時に、知らない間に少しずつ借金がたまっていきました。
返済額が少しずつ増えていく中でも収入は増えないので、なんとかして支出を減らすしかありませんでした。

 

毎日何かを買うことが生活習慣の一部となっていた私にはかなり苦労しました。
急に生活習慣を変えろということなので、ストレスもかなりたまりました。

 

毎月どれだけの返済額が必要なのかを計算し、出費の総額に加えました。
残った金額の中でやりくりしないといけないので、必然的に毎日の買い物がなくなりました。
はっきりした金額がわかったときからすぐに出費を抑えるために買い物を控えましたが、とてもつらかったです。

 

それだけでなく、食べるものや遊ぶ場所などもなるべくリーズナブルになるように考えて変えていきました。

 

とにかく今までのあたりまえの習慣をすべて変えていかなければいけなくなりました。
いつもしていたことを急に変えないといけないという義務感が現れ、とても苦労しました。

 

なるべく無理の無いように計画を立てて返済しないと返済不能になります。

 

借金返済のための苦難なやりくり

 

借金返済のために毎月の支払額は必ず用意しなければいけないです。
それが滞ると、さらに悪い状況になってしまいます。

 

総額60万ほどの借金で、私の月収は手取り約13万円。
家計簿をつけていなかったので、収支がどれほどかが全くわかっていませんでした。

 

 

サラ金返済 やりくり

 

まずはじめに、なにがどれだけ必要なのかを考えることからやらないといけませんでした。
非日常なことなので、ここから苦難の始まりでした。
まず、固定費の算出。
次におおよその変動費。
その後にサラ金返済額。
というように書き出していきました。

 

手元に残る金額が数万円で、この中で一ヶ月のやりくりを考えないといけなかったことがもっとも苦難でした。

 

はじめから上手くいくはずもなく、時にはクレジットカードのキャッシング枠を利用したりしました。
ショッピング枠で買い物をしてしまったりもしました。

 

返済は毎月滞ること無くしていたのに、借金総額は70万円ほどに増えていました。サラ金返済不能な状態ですね。
家計簿をただただつけているだけでは何もわからず変わらないということをここで学びました。

 

返済開始から約半年ほどしてから、出費の部分を細かく見直しました。
そうして、少し我慢して食費や娯楽費を抑えていたおかげでカードに頼ることもなくなりました。

 

毎月の収支の細かい金額を出して、やりくりすることがとても苦難でしたが、それがないと返済できなかったと思います。

 

 

何も考えずに借金をしたばっかりに

 

何も考えずに適当に過ごしているとサラ金返済不能な状況に追い込まれてしまうという体験談です。

 

就職難と言われた時代に社会人になった私は、就職できただけで安定を手に入れたつもりになっていました。社会人の生活やお金の知識をなにひとつ持ち合わせていなかった私は、毎月給料を全て使い果たすような生活をしていました、恥ずかしながら財布にも通帳にも小銭しかないなんて事も珍しくありませんでした。

 

 

サラ金返済 不能

 

ある時、友人の結婚式に招待されました。無計画に給料を使い果たす生活していた私は貯金も、手持ちのお金もなく、無人契約機で簡単にお金が借りられると知り、CMの軽いイメージそのままに、ご祝儀代と予備費として10万円を消費者金融から借りることにしました。

 

最初数回は真面目に返済だけをしていたのですが。ある時からキャッシング枠に残高があるのをいいことに、給料日前などに数万円ずつ借入を繰り返してしまいました。

 

気がつけば借入額は50万円、限度額いっぱいに膨れ上がっていました。借入額が大きいので返済してもほとんどが利息に消え、その事実に気付いた時には血の気が引きました。ボーナスで挽回という思いもむなしく、会社の業績不振により翌年はボーナス無しという不運に見舞われ。それ以来眠れない日々が始まりました。たかが借金ですが、元金がほとんど減らない返済というのは、がんばって稼いだお金をどぶに捨てに行くような感じなんです。しかもそれが10年も、それ以上もかかるかもしれないという虚脱感。安易に借金をしてしまったことへの後悔。そして一番怖かったのは職場への電話です。サラ金はほんとに下手すると返済不能になってしまうのです。

 

どんなに節約しても、冠婚葬祭などの断れない大きな出費があると返済に困ってしまいました。すると職場に催促の電話がかかってきます、ローン会社さんは決して会社名を名乗りません「いつもお世話になっております、鈴木と申します」なんてあたかも取引先の方のように電話をくれます。でも職場の人には確実に怪しまれました。なぜなら「どちらの」と会社名を確認してもかたくなに答えてくれないからです。勧誘や詐欺を心配してくれる職場の方にいつか借金の取立だと気付かれるのではないかという恐怖、もう気付かれて陰口を言われているのではないかという恐怖、針のむしろでした。

 

 

追い込まれた私は、恥を忍んで借金問題に詳しい金融関係の友人に相談し、金利の低いローンに借り換え3年ほどで完済できました。
就職が決まって、安定した収入と喜んでいた「手取り16万円」ですが、将来のことや急な出費を考えると決して多くない金額です。今は多少手取り額も多くなりましたが、将来のため貯蓄もし、身の丈に生活を心掛け慎重に使っています。